違法アルバイトに注意

私の叔父は、若い頃から生粋のフリーターです。そのフリーターの叔父が経験したバイトの中には今ではなくなっているような仕事も多く見られます。
例えば、ちり紙交換です。
最近は古新聞や古雑誌は地域の回収日に出すか、スーパーなどにある回収箱に入れるのが当たり前ですよね。
しかし、一昔前は「古新聞、古雑誌、衣服ぼろきれなど…」というアナウンスと共に、拡声器付きの軽トラックが定期的に回ってきていました。
最近の若者はもうその存在すら知らないし、ちり紙交換も懐かしい仕事の一つと言えるでしょう。
叔父によると、ちり紙交換は流しが多かったのですが、むしろ会社などに御用聞きに行った方が効率が良かったそうです。
よく新聞や紙のごみが出る所を把握しておいて、頃合いを見計らって御用聞きに行く。
すると、ちょうどいいとばかりにまとまった量の紙をもらえるので楽ができたらしい。
それに、集めた新聞などは重さで計って換金するので中に濡れている新聞があったりするとさらに得になったそうです。
見た目は地味な仕事だが、これもやりようによっては高収入も狙えたとのこと。

ちり紙交換は時代の移り変わりと共になくなった仕事だが、法律が変わったせいでなくなってしまった仕事もあります。
叔父がやった仕事の中でそれに当たるのはチラシを電柱に貼っていく仕事です。
これは比較的新しい時代の話で、サラ金や勧誘のチラシを電柱に貼っていくだけのことで、まさに「誰でも簡単にできる仕事」ではあるのですが、もちろん今では違法になっています。
叔父がそれをしていた頃はすでに違法とされていた時代で、二三回やった後に辞めたそうです。
別に良心の呵責を感じたというわけではなく、警察から注意を受けたせいだからです。今でも懲りずに電柱に貼紙を貼っている人がいますが、これは違法ですので、みなさんはそういうバイトには引っかからないでくださいね。
何をどう調べたのか分からないのですが、ある日突然叔父の所へ警察から電話が来て速攻で辞めたと言っています。

叔父もなかなか波瀾万丈な人生を歩んできているので、こういう話は何度聞いても面白いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です